熱い三流かしわぎの人生ブログ

熱い三流かしわぎが生きていくブログです

突発性難聴の怖さとライブ音響外傷(騒音性難聴)体験記

こんにちは。かしわぎです。

Twitterを見ていたらこんなニュースが。

twitter.com

声優の明坂聡美さんが突発性難聴バンドリ!のキャラ卒業…。

心配ですね。

実は私もなったことがあるのです。しかも2回。しかもつい最近。

私は突発性難聴ではなく音響外傷(騒音性難聴)ですが。辛さがわかります。

先週、魔法少女になり隊のライブに行きまして、そのときにやってしまいました。

人生2回目の音響外傷。耳が聞えなくなったのです。

 

ya-kashiwagi.hatenadiary.jp

 普段からことあるごとに「ライブハウスではイヤープラグつけろ!」ってツイートしてるのに、この有様です。

 6月14日にこのツイートして、6月22日に音響外傷になるって我ながら情けない…。

イヤープラグは持っていったし、途中までしてたんですが、ましょ隊が始まってテンションがあがりイヤープラグを耳に刺さずにモッシュピットに飛び込むという自殺行為をしてしまったのです。

バカだ…大バカだ…。

 

翌日6月23日にすぐ耳鼻科に行って、聴力検査をしました。案の定、軽度の難聴。

ステロイドの錠剤や血流をよくする薬を飲みました。

6月29日、耳鼻科に行ったら、治っていました。よかった。

 

耳は、一度聞えなくなったら、元に戻らないと言われています。

耳の細胞は、傷ついたら修復できない細胞らしい。

怖いですね。

僕も音響外傷になって本当に怖かったので、書き残しておこうと思います。

 

 

突発性難聴について

medicalnote.jp

突発性難聴は、耳が突然聞えなくなる病気です。

耳鳴りや耳がこもった感じの症状が出ます。あとめまいが出る人もいるようです。

原因不明、完治させる確実な治療法もないようです。

発症して残ってしまったら、一生そのままということ。

発症からできるだけ早期に治療をすることが望ましい。

ステロイドを使った治療になります。

できるだけ早く治療しないと、本当に手後れになります。

ロックバンド、サカナクションのフロントマン、山口一郎さんは、ライブツアー中に突発性難聴を発症し、そのままツアーを続行したところ、片耳が現在も聞えないそうです。

サカナクション・山口一郎、突発性難聴発症時の状況明かす 「ほんとにバカだった」 | RBB TODAY

 

怖いですね。とにかく早く、一刻も早く耳鼻科。これが鉄則。

 

音響外傷について・一度目の受傷

音響外傷は、ライブでの音など大きな音が原因で耳の細胞が傷つき、難聴になるというものです。

症状は、突発性難聴とだいたい同じです。耳鳴り、耳閉塞感、聴力低下。

僕は数年前に一度、渋谷の小さいライブハウスで、初めて音響外傷になりました。

ライブ中に違和感を感じていたのですが、そのまま最後まで聴き続けました。

思えば上手のスピーカー近くで、ギターの音がやばかったです。

で、ライブハウスを出たら

 

右耳がぶっ壊れてる

 

キーーーーーーーーーンという耳鳴り。

テレビをつけているようなピーーーーーーーーリーーーーーーーーーみたいな壊れた電子音みたいな音が鳴っていました。

それから水中にいるかのような、耳がこもった感じ(耳閉塞感)がします。

音が聞き取りにくい。そして明らかに聞えない音があります。

エアコンのリモコンの「ピッ」「ピー」という電子音や、シャワーから水が滴り落ちる「ピチョン」みたいな音が聞えませんでした。

正直終わったと思いました。

帰りの電車のなかで、「ライブ 耳鳴り」「耳がこもる」「聞えない」とかで検索して、音響外傷にたどり着きました。

だいたい症状と治療法を知りました。一刻も早く耳鼻科に行かなくてはならないことも。

次の日は月曜日だったのですが、仕事は休んで耳鼻科へ。

問診でライブに行ったこと、症状を伝える。

聴力検査をしてみると、4000Hz付近の音が聞えていないとのこと

検査結果のグラフみたいなのがあり、その付近の音の聴力だけガクッと下がっていました。

けっこう重度みたいでした。

治療法は、とにかく安静とステロイドを飲むということしかなく、

ステロイドの錠剤を飲むという治療になりました。

が、めちゃめちゃ不安に。

ネットで見ると、一生治らない人もいるとか書いてあるし。

入院してステロイドの注射を打ったとかも。

事務なので職場には行っても良いとのことだったのですが、不安になって結局5日休みました。

どこにもいかずひたすら一週間寝るという。

こうなると病みますよマジで…。

ネットでひたすら音響外傷について調べて、体験記とか探して、もしかしたら治らないのでは、とか考えて。

耳の穴に指を入れて塞いで、耳鳴りがするか確かめたり…。

ストレスも大敵なので、あまり考えないほうがよかったですね。

あと耳鳴りがするか頻繁に確かめたりするのは、脳が耳鳴りの音を記憶してしまい、鳴ってないのに鳴り続けるみたいなことになるのでやめたほうがいいらしいです。

徐々に耳閉塞感と耳鳴りが良くなってきて、これは大丈夫なのではと思い始め。

1週間後に耳鼻科にいって検査したら、聴力が回復していました!

ホントにこのときは生き返った心地でした。

音響外傷を予防する耳栓・イヤープラグ

色々調べたんですが、ちいさなライブハウスではよく起こるらしいです。

音響外傷。スピーカーの前とかは特に危険。

それを防ぐために音楽用・ライブ用の耳栓・イヤープラグ(イヤープロテクター)があることを知りました。

アマゾンとか、楽器屋さんとか、タワーレコードなどで売っています。

 

CRESCENDO 耳栓 ライブ用 イヤープロテクター Music

CRESCENDO 耳栓 ライブ用 イヤープロテクター Music

 

 僕が買ったのはこれ。

イヤープラグ、中身はこんなやつです。

 
f:id:cuniculusmiff:20180630231435j:image

 

水泳のときに使う耳栓のようなタイプですね。フリンジタイプ?というのか?

これを耳に刺すと、音は聞えるけど耳は守れるというもの。

確かにこれをつけると耳へのダメージが激減するような感じがします。

ライブの音圧ってこんなすごいんだなぁって。

小さなライブハウスではもうマストですね。

 

ロックバンドのキュウソネコカミなんかは、ライブでのイヤープロテクター装着を推奨していて、キュウソの物販ではイヤープロテクターもあるそうです。

セイヤさんもずっとツイートで言ってるみたいですね。

 

2回目の音響外傷

もう二度とこんな思いをしたくないということで、ライブにはいつもこれを持っていってました。

ライブハウスだけでなく、アリーナでもホールでも武道館でも。

忘れたときにはわざわざ近所の楽器屋さんに買いに行くという徹底ぶりで。

なのにこの体たらくです。本当に情けない…。治ってよかった…。

 

一生治らないこともあるので本当に気をつけたほうがいい

医師が言うには、音響外傷で4000Hz付近の音が聞えなくなると、そのまま難聴が残ってしまうケースも多いそうです。

「いやーかしわぎさんはすごいね、回復力が!」なんて言っていましたが、速攻で耳鼻科に行ったのがよかったのだと思います。

「えーライブ後はいつもそうなるよー耳鳴りとか。でも自然に治るし」という方もいるかもしれませんが、気をつけたほうがいいかと思います。

ライブハウスなんかでは、「あいつ耳栓つけてるww何しに来てんだよww」って人もいます。まだまだ理解がないです。実際にそう言っていた人に遭遇しましたし。

UNISON SQUARE GARDENのライブにいた、お前だよお前のことだよ)

海外なんかではイヤープラグは当り前らしいですけど。

一生治らないかもしれないからなぁ。

ライブハウスでは、この箱なら大丈夫このPAなら大丈夫とかではなくて、絶対イヤープラグは装着する・なるべくスピーカーの近くに行かないようにしたいと思います。

あと、ヘッドフォンやイヤホンも良くないらしいです。徐々に聴力が落ちるとか。

気をつけないと。

 ロックや音楽は、ずっと楽しみたいですし。

 

本当に治ってよかった。

それでは。

またね。