熱い三流かしわぎの人生ブログ

熱い三流かしわぎが生きていくブログです

何者にもなれない自分に、今こそ終止符を打つ。これからやりたいこと編

f:id:cuniculusmiff:20180627151712p:plain


こんにちは。かしわぎです。

 前回の記事では、

 

ya-kashiwagi.hatenadiary.jp

 何者にもなれない自分に、今こそ終止符を打つという決意をしました。

では、どうするかということについて。

なにをやって生きていくか。

色々と考えました。で、たどり着いた答え。

これまで続いたことと、得意なことをやるってことです。

続かないこと、苦手なことをやっても、ダメだと思いました。

そりゃ頑張ればできるのかもしれないけど、残念なことに、もう時間がない。

僕は、手先が不器用です。

字を書いたり、絵を描いたりするのが壊滅的にダメです。

図工とか家庭科とか地獄でした。

だから、ギターとか、料理とかも向いてません。

こういうのはもう、思い切って、諦める。

続けられて得意なことを伸ばしていく、そういうふうにしていこうかなと。

 

1.これまで続いたこと

f:id:cuniculusmiff:20180627170641p:plain

ギターとかDTMとか、イラストとか、色々とやってダメだったことはあれど、何か残っているものがあるだろうと。考えたら

・書くこと(ブログやTwitterなど)

・ジム(音楽を聴きながら走ることは止められない)

・コミュニケーションの勉強(雑談・傾聴など)

・勉強(大学受験・公務員試験など)

これくらいしかねえ…と思いましたが、何にもないわけではなかった。

成果が出ているかは別として、細々とでも続いているんだから、やっててすごく辛いもうやめたいんだ!って感じているわけではなさそう。

ということはまだ、向いている可能性があるということかなと思いました。

 

2.平均的な人より得意そうなこと

・書くこと

・勉強

・コミュニケーション

続いてきたことで、人より少し得意そうなこと、まぁ少なくとも苦手ではないだろうということは何?と考えたら、いけるんじゃないかと思いました。

書くことは、ブログを書いてきて「(ブログが)好きです」と言われることもあったし、実は高校生のときにはエッセイで受賞しています。

勉強もそうですね。そこそこの大学に行くことができましたし、公務員試験もそれなりに、普通の人よりは勉強は苦になりません。

コミュニケーションは、どうかなと思いましたが、みんなとワイワイやるようなコミュニケーションは苦手でも、しっかりと人の話を聴くといったことにおいては人よりは…ってところですかね。

こういうコミュニケーションできる人、けっこう少ないし。

 

これからやりたいこと

これらを軸に考えました。続けられることで得意なこと

そして、ネットで調べたり、本を買ってきたりしました。

これからやりたいことです。いつまでとかどこまでできるかとかは考えていません!

いいからやるんだよ!

  

仕事編

資格を取る

f:id:cuniculusmiff:20180627170600p:plain

社会保険労務士

行政書士

・FP

・簿記

ビジネス実務法務検定

・TOEIC800

 

僕は管理部門の職員として働くので、頑張れば取れそうで持っていれば良さそうなのってこれくらいかな。

・社労士

行政書士

ビジネス実務法務検定

法律系です。

FPと簿記は会計系。

 

どれをやるかと思ったんですが、全くの素人である会計系より、まだやったことのある法律系のほうがいいかなと思っています。

行政書士は、公務員試験とダブルで受けて、受かる人もいるみたいですし。

社労士は、働き方や労働問題に興味があるので、これも取ってみたいなと。

入門テキストはもう買ってあって読みました。

資格を取るというと、反射的に「資格なんて役に立たない。時間の無駄。労力の無駄」

っていう人がいるんですが(公務員や一般事務職員時代はたくさんいました)、自分に自信をつけるという面で効果があると思っています。

僕は大学受験ではわりと英語が得意だったんですが、大学時代に勉強しなくなったせいで、大学2年生のTOEICはスコア450点くらいでした。たしか。

で、社会人になっても、すごくそれが心にひっかかっていたんです。

「あぁ、高校生のときは英語得意だったな」「たくさんの人に抜かされたな」「自分はもうダメな人間なんだ」「大学入学時に戻りたい…」とか考えていました。

で、去年の9月にTOEICを受験してみたんです。1か月くらいかな、勉強して。

そうしたらスコア740点でした。

1か月、通勤電車と昼休みに少しずつやっただけで、これくらいはできるんだと、自信になりました。

もう上記のようなことで無駄に悩むことはありません。それどころか自信を持っています。

だからまぁ、資格ってのは僕のような何にも持ってない人間には効くんだと思います。

 

仕事もありますし、結局のところ、まずはビジネス実務法務検定2級を目指そうと思い、テキストと問題集を買いました。

 

ビジネス実務法務検定試験2級公式テキスト〈2018年度版〉

ビジネス実務法務検定試験2級公式テキスト〈2018年度版〉

 

 

プライベート編

同人誌を作ってイベントに出展する

f:id:cuniculusmiff:20180627170616p:plain

 8月のコミティアに申し込んで、もうほぼ原稿もできています。

それから11月のコミティア文学フリマに、今書いている小説の本。

12月のコミケで公務員や大学職員、団体職員のお仕事本を出したいなぁと思っています。

 

ライター

f:id:cuniculusmiff:20180627170722p:plain

巷ではライターライターというけれど、どんなものなのかなと思いまして。

どうすればなれるのかとか、勉強を。

 

1日1時間から稼ぐ副業ライターのはじめ方

1日1時間から稼ぐ副業ライターのはじめ方

 

 

キャッチフレーズの勉強

f:id:cuniculusmiff:20180627165604p:plain

前に本を作ったとき、正直本文よりキャッチコピーみたいなのを作るのが楽しかったです。

だから、もっとやってみたいなぁと。

短歌や詩を書くことにも通じるものがありますし。

山中さわおみたいに、なりたんだ。

キミの夢が叶うのは誰かのおかげじゃないぜ

風の強い日を選んで走ってきた

 こういうキャッチーでパワーのあるフレーズが書けるようになりたいんだ!

 

キャッチコピーの教科書 (1THEME×1MINUTE)

キャッチコピーの教科書 (1THEME×1MINUTE)

 

 

コンサルタント・カウンセラー

f:id:cuniculusmiff:20180627170704p:plain

公務員に特化したコンサルとか、カウンセラーとかやりたいなと思いました。

国家公務員・地方公務員・大学職員・団体職員を全部経験したなんて人間、そうそういないと思いますし。

あとこれは、色々と転職をしたり、ひとりで悩んできて思ったことです。

基本的に、人って人の話聴かないよね。ということ。

転職エージェントは求職者を商品としか思ってないところもありますし、受験予備校なんかは合格させることしか考えていません。

就職って人生を左右する重要なことなのに、なんだかなと思うわけです。

で、自分は傾聴とかコーチングの勉強もしてきたし、求職者の話を聴き、しっかり寄り添えるようなことがしたいなぁと。

もともと公務員になったのは、「困っている人を助けたい」という想いからだったので、こういうことで、この想いは実現できるかなぁと。

臨床心理士とか、そういうのにも興味があったんですよね。

人の心を救う、ということに関心があります。

短歌や詩を書いているのも、「誰かの心を助けたい」って想いでやっているところがありますし。

それが僕のやりたいことです。

 

月10万円から! 自分もクライアントも幸せになるカウンセラーのはじめ方 (DOBOOKS)

月10万円から! 自分もクライアントも幸せになるカウンセラーのはじめ方 (DOBOOKS)

 

 

痩せる

f:id:cuniculusmiff:20180627171000p:plain

めちゃめちゃ太りました。自分はストレスがあったり悩んだりすると過食一直線なタイプです。

デブです。まずい。本当にまずい。

ジムはずっと通っていますが、行ったり行かなかったりなので、ペースや習慣をつけたいですね。

 

自分から人に心を開いて、動く

f:id:cuniculusmiff:20180627170915p:plain

 これは最近思ったんですが、僕はこういうの苦手なんですよね。

「自分は何もしなくても相手から自動的に認められたい」みたいなわけわからんプライドがあるかと思えば、「こんな僕が話しかけたら迷惑に決まってる」みたいな卑屈さがあります。

でも、じっと待ってても何も起こらないんです。だからもう行動するしかねえんだと。

行動しても失敗することはたくさんあります。ありますよ。

どこか行っても馴染めないだけで帰ってきたとか、嫌な気持ちになるだけで終わったとか普通にあります。

以前は、こうなったら「やっぱりダメなんだ」とただ落ち込むばかりでしたが、

少しはうまくいくこともあるんです。コミティアのときとか。

だから最近は、ちょっと失敗しても、自分から可能性を狭めないようにしたいと思っています。

「どうせ、またダメだし」とか考えずに、「また、やってみよう」とダメだったらダメで、少し時間は失いますが、それ以上に失うものなんてないんです。

誰かにも見向きもされないかもしれませんが、何もしなくたって見向きもされないわけだし。

部屋にいたら誰かが迎えにきてくれるとか、ありません。

自分から出ていって何か見つけたり、見つけてもらうしかないんです。

 

行け、人の目など気にせず。

 

はい、ということで。

ひとつずつ、やっていきますよ。

それでは。

またね。