熱い三流かしわぎの人生ブログ

熱い三流かしわぎが生きていくブログです

何者にもなれない自分に、今こそ終止符を打つ

こんにちは。柏木です。

 

何者にもなれない

 

ここ10年くらいずっとそんなことを考えて生きてきました。

ネットを見れば、なんだか特別っぽい、何者かになっているような人がたくさんいます。

 

アイドル、スポーツ選手、ミュージシャン、声優、ブロガー、弁護士、イラストレーター、ライター、YouTuber、Vtuber、漫画家、作家、アニメーター、モデル、プロデューサー、芸人…

 

そういう人たちを見て、あぁ自分はこのまま何者にもなれずに死んでいくんだ…

と鬱々としていました。

それに、上記のような職業でなくても、普通の人だけど何だか特別な人、になってるような人もいますよね。ネットを見れば。

Twitterのフォロワーがやたら多い人とか、ブログの読者数が多い人とか。

自転車をやったり、漫画を書いたり、音楽を作ったりといったような、趣味が充実している人とか。

そんな人たちが、やたらと目についてしまって、また鬱々とするのです。

「どうして自分は…」とか。

そしてそして、普通の人のように、何者にもなれない(ならない)で楽しく暮らすということも僕にはできません。

普通に働いて、普通に遊んで、普通に家庭を持って、ささやかだけど幸せみたいな。

そういう人にもなれません。

 

学校が大嫌いでした。

この狭い世界から脱出するために、北海道の田舎の動物園のような高校から、

勉強を頑張って本州の国立大学に行きました。

でも、大学でまぁ、色々とダメになってしまい、結局ダメでした。

働いてからは学校よりはマシになった気がしますが、公務員の職場は学校みたいな感じなので、嫌でした。

組織や人間とかには馴染めないなぁなんて思いながら、生きてきました。

普通の人のようにもなれないのです。

恋人も友達もいないし。

 

趣味の世界を充実させようと、色々とやったりもしました。

ラソン、ギター、ボイストレーニングDTM、自転車、イラスト、学問、プログラミング、読書会、勉強会…

結局。

何をやっても続かないし、どこへ行ってもダメで。

何もつくれないし、音楽にせよ漫画にせよただ他人が作ったものを消費するだけ…。

ダメな人間。

くだらない人間。

底辺だ。

生まれてこなければよかったんだ。

土日が休みでも、ずっとこんなことを考えながら過ごしていました。

ずっと。

こんな考えだから、他人に対しても攻撃的になるし、その結果誰も寄ってきません。

そのスパイラル。負の悪循環です。

 

そして去年。学生時代からずっとやりたかった仕事に就きました。

でも。今までで一番ひどい職場でした。

せっかく頑張ったのに。こんなどうしようもない僕が、人生をかけて来たのにな。

なんて思って、本当に絶望のどん底にいるような気分でした。

 

でも。

最近は少し、ほんの少しだけど、希望が見え始めた気がします。

きっかけは、やっぱり2月のコミティアかな。

それまで何かあったら、ツイッターで愚痴を吐くだけだったんですが、思っていたことを短歌と詩にして本にして出展しました。

僕が作ったそれが、良いって言ってくれる人がいたんです。

嬉しかった。人生で一番か二番に嬉しかったような気がします。

自分でモノを作ったということ、それに短歌や詩なんてのは自分の魂とでも言うべきものでしたから、誰かにそれが認められた、受け入れられたということが、少し自信になりました。

以前よりは、自分から人に心を開くことも多くなったかもしれません。

人との交流も少しずつですが生まれてきたような気がします。

 

7月から、職場が変わります。

今まで、国家公務員・地方公務員・大学職員・団体職員をやってきました。

こういう職にこだわってきたのは、困ってる人を助けたいみたいな思いもありましたが、安定ということも大きかったのだと思います。

しかし、自分にはまったく合っていません。

仕事は大変じゃないかもしれませんが、悪口や陰口が多いし、勉強なんてしてたら「意識高い(笑)」とかバカにされるし、色々な人に神経を磨り減らして気をつかわないといけないし…。

学校が大嫌いな僕は、公務員全然向いてなくて、もういいんじゃないかって思いました。

学生時代からずっとやりたいと思ってた仕事に就いて、執着がなくなったのもあると思います。

自分が自分のまま生きていけるようなところにいこうかな。

もういいんじゃないか。

安定とか、誰かの目を気にするとか。

そういうのに固執してても、ただ辛いだけで、金があろうが安定してようが、結局ダメになっていくんだと思いました。

お酒とか食べ物とかギャンブルとかそういう何かに依存したりして。

これから、小さなITベンチャー企業にいきます。

安定なんてしてないです。給与も安いです。死ぬかもしれません。

でも、一緒に働く人が悪い人には思えなかったし、僕のことを評価してくれました。

まぁエンジニアなんかはちょっと変わってたけど。

「普通の人」である公務員に馴染めなかった僕は、それくらいでいいんだと思います。

僕も「普通の人」ではないですし(悪い意味で)。

公務員でいるよりは、スキルが身につく仕事でもあります。

だからもう、ここで頑張ろうかなと。

 

今は依然どん底です。おそらく。

でもここから変えていくって気概があります。今度は。

既に少しずつ変わっています。

もう公務員や事務職員の生き方は捨てました。

拙いものかもしれないけれども、自分でモノを作っています。

 

ここから変えていきます。

 

これまでの自分

 

f:id:cuniculusmiff:20180627151152p:plain

 

f:id:cuniculusmiff:20180627165854p:plain

f:id:cuniculusmiff:20180627151204p:plain

f:id:cuniculusmiff:20180627151520p:plain

f:id:cuniculusmiff:20180627151215p:plain

 

f:id:cuniculusmiff:20180627151259p:plain

 

f:id:cuniculusmiff:20180627151240p:plain

 

 

これからの自分

f:id:cuniculusmiff:20180627151336p:plain

f:id:cuniculusmiff:20180627151345p:plain

f:id:cuniculusmiff:20180627151354p:plain

f:id:cuniculusmiff:20180627151402p:plain

f:id:cuniculusmiff:20180627151649p:plain

f:id:cuniculusmiff:20180627165509p:plain

 

f:id:cuniculusmiff:20180627151411p:plain

 

そして、未来の自分

 

f:id:cuniculusmiff:20180627151712p:plain

f:id:cuniculusmiff:20180627151723p:plain

f:id:cuniculusmiff:20180627151731p:plain

f:id:cuniculusmiff:20180627170259p:plain

f:id:cuniculusmiff:20180627151750p:plain

 

なりたい自分に、なるために。

 

 

 

そのためにやりたいこと・やることを書いたんですが、長くなったので

次の記事へ続きます。