熱い三流かしわぎの人生ブログ

熱い三流かしわぎが生きていくブログです

働く理由について考えている最近

 こんにちは。かしわぎです。

最後にブログを書いてから、もう1か月以上経ってるなんて、信じられない心境です。

色々あったなぁ。すごく中身の濃い1か月だったと思います。

 

3月から、転職活動をしていました。

3月は、転職サイトで自己応募でやっていたのですが、3月末に最終面接まで行ったところが見送りとなってしまい、ショックを受けました。

これではいかんぞと思い、4月から転職エージェントを利用して本格的にやっていました。

建康診断書も源泉徴収票も提出したのに、最終面接で落ちたのはさすがに痛かったです(今思えば、ろくに準備もしていなかったなとも…)

で、4月は職務経歴書を見直したり、履歴書を書いたり、リクルートとかの面接対策セミナーに行ってみたり、ベンチャーのオフィス見学に行ってみたり、面接に行ってみたりしていました。

 

最近、働くということについてものすごく考えています。

働く理由ってなんだろう。

①お金のため

②所属の欲求を満たす

③承認欲求を満たす

自己実現

これくらいかな。

自分について考えたら、③と④が大きい気がします。

①は、率直にイヤなことを我慢してまでお金が欲しくないですし、

「仕事はお金を得るための手段と割り切って、家庭や趣味を充実させるべき」論は自分は違うなと思います。

全部充実させたらいいじゃん。実際全部充実している人だっているし。

やらないじゃなくどうしたらできるかを考えたい。

②は、これも少しはあるかと思うんですが、そこまで所属したいという思い、所属することで得られる効用に興味がないんですよね。

充実するなら(③と④を満たすなら)、ひとりでやってたほうが僕にはあってそうだし。

となるとやはり③と④ですね。

スキルアップとかキャリアアップもここが大きいのではないでしょうか。

自分の転職理由としては、信頼できる仲間と切磋琢磨しながら、自分を成長させていきたいという思いが強いんですが、それって結局③と④だよねという話。

とすれば、③と④を満たせそうな会社に就職するのが吉、ということで探しています。

だからまぁ、①から導かれる、安定とか残業なしとか、そういうのはどうでもいいとは言わなくても捨てていい部分なのかなぁと。

心の声とか、価値観、自分がそれを語っているときワクワクするかという観点で見直したときに、やっぱり出てくるのは「信頼できる仲間と切磋琢磨しながら、自分を成長させていきたい」ということなんですよね。

 

そんなことで、ベンチャーいいなぁと思いましてね。

オフィスに遊びにいったり、面接に行ったりしてみました。

イノベーションなんて無縁の、古臭いところで働いてきた僕にとって、すごく刺激的でしたね。

思ったことは、ベンチャーといってもみんなが向上心が強くてハイスピードなスーパーマンというわけではなく、大半は普通の人だということです。

実際面接に行っても、「お前はアカン」みたいな人が出てくる場合もありました。

エンジニアはわかりません。コーポレート部門についてはそう思いました。

 

そんなこんなで、今、面接に残ってる企業がいくつかあります。

大手、中堅・中小、ベンチャーそれぞれ。

ベンチャーに傾きつつあります。

ベンチャーと言っても社長が違えば全然違うわけで色々あるわけです。

社長のフェイスブックなんか見ても、真面目な人から、チャラチャラゴーゴーな人まで、いるんですよ。

その中でも、「ここいいなぁ」「ここで働きたいなぁ」と思うところがあったので、今の気持ちはそこにあります。

社長の人柄や考え方はフェイスブックやブログなどで見て、この人だったらいいなと思ったので、今度の面接で実際の社長の人となりを確認しようと思います。

大手は、正直受かるわけないなぁと思っているので、考えてません。

が、万一受かったら、悩むところ。

ベンチャーだとどうしても雑務までやることになって、スキルや専門性では大手のほうに軍配が上がるのだ。

大変なのは両方大変だと思います。

ベンチャーIPOなんてすることになった日にはそれこそ死にますし、大手もかなり頑張らなくてはついていけなさそうな雰囲気でした。

 

それに比べたら前職や現職は、楽な仕事(誰でもできて頭使わない)でそこそこの給料が出るのであれだなぁと思いますが、前職や現職を一生続けるかと考えるとそれはできんなというところ。

だいたいこういう仕事って③や④を満たすことができないから、働いている人の満足度って低いんですよね。

それでも我慢できる人はできるんでしょうが、私は無理でした。

家に帰って「働く理由」「生きる意味」なんかを悶々と考えてしまって、全然生きていても楽しくありません。

ここ5年ずっとそうだったので、こういうのは無理なんだなと、悟ったところがあります。

それに適応できれば、仕事は退屈なものと割り切ってできれば、いいのかもしれませんけども。

 

転職活動は、書類でバッサリ落ちたり、最終面接で落ちたり、面接で説教されたりと、きついなぁと思うことがありますが、けっこう楽しかったりします。

僕はきちんと就職活動しなかったので、SPIとか色々、やることができてよかったです。

 

そんなところで。

またね。