熱い三流かしわぎの人生ブログ

熱い三流かしわぎが生きていくブログです

なりたかった自分に

こんにちは。かしわぎです。

大絶賛悩んでいます。

 

今の仕事、いわゆる「安定した職業」です。

安定もそりゃあ大切ですが、自分はわりと夢を持ってこの職業に就きました。

 

だけれども、「安定した職業」に就く人って、なんか夢とか向上心とかあんまり持っていないんだよね。

自分はそういうのに馴染めなくて。

学校とか大嫌いだったし。

高校時代、まわりのみんなと同じように何の疑問も持たずに日常を淡々とすごしていくより、上を目指して勉強するのが好きでした。

たったひとりだったけど、休みもなくてブラックだったけど、成長と目標に向かって努力することは、楽しかったのです。

 

なんだかなぁ。

しかも、この安定というものは、幻想なのではないかと感じています。

だいたい残業は21時頃まであるし、土日も出なきゃいけないときがあるし、人がめちゃめちゃ減らされています。

あと働いてる人もちょっとどうなの?っていう人が多い。

この「安定」という環境は人を腐らせていくのではないか。

自分は少しはずつ、腐っているのではないか。

歩くような速さで死んでゆく、そんな感覚。

職場の何人かで、転職会議をしたりしています。

 

そんななかで、どういうわけか、今までの仕事とは全然違う仕事に就く機会が、巡ってきました。まだわからないけど。

「安定」はしていないし、給与は下がるし、ひょっとしたらのたれ死ぬかもしれない。 

でもスキルは身につく。ここにいたら何も身につかないけど。

 

さぁ。どうしようか。

人生の岐路に立っている。

「安定した職業」で余暇の時間で作品を制作するような生き方もいいかもしれない。

確かにいいかもしれないんだ。

でも、自分は、ぼくは、本当にそれでいいの?

どうせ、諦められないんでしょ?

まわりと同じように生きられないんでしょ?

本当に、それでいいの?

 

そんなことを考えて悶々としています。