熱い三流かしわぎの人生ブログ

熱い三流かしわぎが生きていくブログです

今のぼくに、この最後の日に残っているのもの

こんばんは。かしわぎです。

今年もおしまいのようです。

毎年毎年この日は鬱々としているのですが、今年も御多分に漏れず。

 

2017

1月 開幕から最低な気分であける。

       アジカンとでんぱ組の武道館。

      アジカンは青春だった。そしてでんぱ組をたまらなく好きになるが、どうやら雲行きが怪しい。

2月 祖母が亡くなる。

       何でもないのにいきなり涙が出てくる。

       いきなり。

       人は死ぬ。ということを実感。

       生きることについて考える。

3月~8月 昔から見ていた夢のために頑張る。

9月 夢叶う。

        ゆかりん復活ライブ。横浜アリーナ

       やっぱりゆかりんは世界一かわいいアイドルで、たまらなく好きだということを再認識。

10月 夢、挫折

11月 短歌をはじめる

12月 the pillowsの黄金期回帰ライブ。

         やっぱりピロウズは世界一かっこいいロックバンドで、たまらなく好きだということを再認識。

 

さて、今年もあんまりいいことはありませんでした。

ただ、2017年は挑戦した年でした。

昔から見ていた夢に挑戦して、叶って、現実を知り、挫折というワンサイクルが1年にあったのだなぁと。

でんぱ組を好きになったのだけど、最も好きだった最上もがが抜けちゃうし。

新メンバーと言われても、応援できない…。

文芸部を立ち上げて、短歌を始めたけど、期待したほどには楽しくなかったなぁというのが率直な感想。

 

それでもね、今ここに、この終わりの日に残ってるものもある。

ゆかりん田村ゆかりの復活。

ゆかりんは、迷って、悩んで、苦しんで生きてる人。

それでも前に進んでる。

そんな姿を見るとぼくも前に進める。

ゆかりん、大好きです。

そんなことを再認識した。

 

それからthe pillowsの第3期回帰ライブ。

Please Mr.LostmanとLITTLE BUSTERSの2枚のアルバムの全曲をやるというライブ。

Please Mr.Lostman、ストレンジカメレオン、Blues Drive Monster、ONE LIFE、ハイブリッドレインボウ…そんなバケモノみたいな曲がポンポン出てくるのは凄まじかった。

ぼくはピロウズと同い年で28歳なのだけど、山中さわおが28歳のときに作った曲が今聴けるのはすごく嬉しいことだと思った。

彼が苦しんで苦しんで、その苦しみの中から生まれた曲が、ピロウズと同い年の連中の心を今も動かしているんだよ。

the pillows最高だぜ。

 

あとは、森絵都の『カラフル』を再読したり、土田世紀の漫画をガッツリ読み直したりしました。

自分が好きなもの、自分を救ってきたものが、これだけあるんだと、思いました。

そして自分も負けたくない、人に届けられるものをつくりたい。

そんなことを今思っています。

燃えカスのような心にも、まだ燻るものがあるようで。

自分を変えようとやってみたこともあるけど、なんだかね、それは必要ないことだと思ったんだ。

偏っていて、まわりの色に馴染まない。

それは自分の良いところでもあるし、失くしちゃいけないような気がするの。

変わるんじゃなくて、今の自分に足りないものを加える。

そうやって欲しいものを掴み取らなきゃ勝ちじゃないと思うんだよ。

自分は自分。ぼくはぼくなんだから。

そんなことをね、思うのです。

 

バァちゃんは、どうだったんだろうな。

幸せだったのかな。

でもまぁ、最期はたくさんの人に囲まれて、幸せだったんじゃないかな。

うん。

 

夢や希望はすぐに打ち砕かれる。

頑張っても骨折っただけで、何も見つからないのかもしれない。

それでもさ。

まだ諦めたくないからさ。

まだ命があるからさ。

 

失敗は辛いことだけど、「ダメだということがわかる」というのはものすごい財産でもあると思うのです。

「やってみたけど、ダメでした」ってのは

「やってみたいけど…」と思いつつ何もしないよりもさ、いいじゃん。

やってしまった後悔は次第に小さくなるけど、やらない後悔は次第に大きくなるらしいしね。

 

2017、失敗続きだったけど、今ここに、残ってるものもあるよ。

飽きっぽいぼくが、短歌はまだ続いているしね。

来年は、とうとうYA小説に挑戦するつもりです。

あと2月のコミティアにも出ます。

それから今思うことがあって再び法律の勉強をしています。

憲法民法・刑法から。

いやぁ以外と覚えているものですな。

 

ほらね。

夢が砕けても、希望を失っても、また次にやりたいことや夢は出てくるんだよ。

人間は、ぼくは、そんなに弱いもんでもないんだ。

ダメだったら、また次の手を考えればいい。

 

 

 

ということで、2018待ってろよ。

次こそ幸せな年にしてやるからな。